生物進化の謎を解く
─人類の進化までを含めて解説─
 
猪 貴義
 
主な参考図書・資料(年代順)
 
丘 淺次郎: 進化論講話. 東京開成館 (1925)
丘 英通 編: ダーウィン進化論百年記念論集. 日本学術振興会 (1960)
ダーウィン: 種の起原. 八杉龍一 訳、(上、中、下). 岩波文庫 (1963-1971)
中村禎里: ルイセンコ論争.みすず書房 (1967)
駒井 卓: 遺伝学に基づく生物の進化. 培風館(1968)
今西錦司: 私の進化論. 思索社 (1970)
八杉竜一: 進化学序論. 岩波書店 (1972)
沼田 眞 編: 新しい生物学史. 地人書館 (1973)
西田周作: 畜産技術論. 農文協 (1974)
大羽 滋: 集団の遺伝学. 東大出版会 (1977)
伊藤嘉昭: 比較生態学. 岩波書店 (1978)
向井輝美: 集団遺伝学. 講談社 (1978)
鈴木 茂: 偶然と必然. 有斐閣 (1982)
水間 豊・猪 貴義・岡田育穂: 家畜育種学. 朝倉書店 (1982)
八杉龍一: 生物学の歴史(上、下). 日本放送出版協会 (1984)
今西錦司・柴谷篤弘・米本昌平: 進化論も進化する. リブロポート (1984)
ボウラー: 進化思想の歴史(上、下). 鈴木善次他 訳、朝日新聞社 (1987)
マクベス: ダーウィン再考. 長野 敬・中村美子 訳、草思社 (1987)
猪 貴義 他編: 動物の成長と発育. 朝倉書店 (1987)
ダーウィン: 種の起原. 堀 伸夫・堀 大才 訳、槙書店 (1988)
木村資生: 生物進化を考える. 岩波書店 (1988)
グリビン: 進化の化学. 杉浦俊輔 訳、青土社 (1989)
浅間一男: 生物はなぜ進化したか. 講談社 (1989)
佐藤正孝 編: 種の生物学. 建帛社 (1989)
河田雅圭: 進化論の見方. 紀伊国屋書店 (1990)
松永俊男: 近代進化論の成り立ち. 創元社 (1990)
JICC: 進化論を愉しむ本 (1990)
竹内拓司・大羽 滋: 遺伝子の生物学. 朝倉書店 (1991)
今西錦司: ダーウィン論. 中公新書 (1991)
柴谷篤弘・長野 敬・養老孟司 編: 進化 (全7巻). 東大出版会 (1991-1992)
中原英臣・佐川 峻: 進化論が変わる. 講談社 (1991)
エドリン: ヒトの遺伝学. 清水信義 監訳、東京化学同人 (1992)
太田次郎 他編: 生物の起原と進化. 朝倉書店 (1992)
学習研究社: 最新大進化論. (1992)
マドール: ラマルクの進化論. 横山輝雄・寺田元一 訳、朝日新聞社 (1993)
ドーキンス: 利己的な遺伝子. 日高敏隆 他訳、紀伊国屋書店 (1993)
本庶 佑: 遺伝子が語る生命像. 講談社 (1993)
学習研究社: 最新起源論. (1993)
ファルコナー: 量的遺伝学入門. 田中嘉成・野村哲郎 訳、蒼樹書房 (1993)
マイア: 進化論と生物哲学. 八杉貞雄・新妻昭夫 訳、東京化学同人 (1994)
佐々木義之: 動物の遺伝と育種. 朝倉書店 (1994)
学習研究社: 絶滅の科学. (1994)
宮田 隆: 分子進化学への招待. 講談社 (1994)
八杉龍一: ダーウィンの生涯. 岩波書店 (1995)
野田春彦 他: 動物の進化. 放送大学教育振興会 (1995)
岩槻邦男 他: 植物と菌の系統と進化. 放送大学教育振興会 (1995)
東條英昭: 動物をつくる遺伝子工学. 講談社 (1996)
松原謙一・中村桂子: ゲノムを読む. 紀伊国屋書店 (1997)
ボウラー: チャールズ・ダーウィン. 生涯・学説・その影響. 横山輝雄 訳、
朝日新聞社 (1997)
横山輝雄 他: 生物学の歴史. 放送大学教育振興会 (1997)
ショップ: 失われた化石記録. 阿部勝己 訳、講談社 (1998)
中沢信午: メンデル散策. 新日本出版 (1998)
丸山茂徳・磯崎行雄: 生命と地球の歴史. 岩波書店 (1998)
渡辺政隆: DNAの謎に挑む. 朝日新聞社 (1998)
森脇和郎・岩槻邦男他: 生物の進化と多様性. 放送大学教育振興会 (1999)
マイア: これが生物学だ. 八杉貞雄・松田 学 訳、シュプリンガー・フェアラーク (1999)
リドレー: ゲノムが語る23の物語. 中村桂子・斉藤隆央 訳、紀伊国屋書店 (2001)
川上紳一: 生命と地球の共進化. 日本放送出版協会 (2001)
松原謙一: 遺伝子とゲノム. 岩波書店 (2002)
長澤 弘: 自然は警告する. アドスリー (2003)
小川眞理子: 甦るダーウィン. 岩波書店 (2003)
 

株式会社アドスリー