アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

Biophilia 20 【特集】 インフルエンザとは何か

Biophilia 20 【特集】 インフルエンザとは何か

商品コード: adm0020

著者: Biophilia編集委員会

発行日: 2009年12月10日
判型: A4判
頁数: 90ページ
書籍コード: ASIN: B002YP54IM / 雑誌: 17627-1295
定価:1,980円 (本体価格:1,800円)

オンライン書店で購入する

世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザをすでに「フェーズ6」(世界的な大流行=パンデミックに突入した段階)としており、国内でも2009年8月現在、感染者数が6万人を超え、重症患者や死亡者も増えている。季節性インフルエンザは、北半球では毎年冬季に流行するが、新型インフルエンザ・パンデミックは、30~40年に一度くらいの頻度で起こる可能性があり、季節は冬とは限らない。20世紀には3回(スペイン風邪、アジア風邪、香港風邪)のパンデミックが起こり、多くの死亡者が出た。今回のパンデミックでも、多くの患者や死亡者が出るだけでなく、生産年齢への感染の拡大による莫大な経済的損失など、社会への大きな影響が考えられる。本特集では、新型インフルエンザを中心に、インフルエンザとは何か、新型と季節性との比較、またワクチンや抗ウイルス薬の開発など、インフルエンザにまつわる科学を概観する。

目 次

【特集:インフルエンザとは何か?】
・猛威を振るう新型インフルエンザA(H1N1)/宮嶌 宏彰
・インフルエンザの歴史と現実/松本 慶蔵
・新型インフルエンザの疫学/玉記 雷太、神垣 太郎、押谷 仁
・インフルエンザワクチン開発の現状と課題/ 奥野 良信
・インフルエンザRNAポリメラーゼによる抗ウイルス薬の開発研究/朴 三用
・新型インフルエンザの流行の波/谷口 清州

【巻頭言】 
[生命科学の進展に寄せて]
ライフサイエンスの分野における農林水産省の取り組み/引地 和明

[日本の科学技術の進展に向けて]
―iPS細胞研究に関する政策の動向とライフサイエンスの振興/菱山 豊

【総説】
遺伝子組み換えカイコを使った養蚕の未来/木内 信

ヒトはなぜゾウに似ているか-体構造デザインの分析-/馬場 悠男

クジラが示唆する2つの適応ポリシー/加藤 秀弘

ペットフード安全法の施行について/田中 誠也

化学物質とミジンコの不思議/鑪迫 典久

ES指針の改正について/永井 雅規

「うま味」物質でメタボリックシンドローム、肥満症を抑える-脳内での栄養素の情報処理のしくみから探る「うま味」物質の効果と秘めた可能性-/釣木澤 朋和、鳥居 邦夫

【連載】
[光る生物の応用研究最前線 第2回]
―光イメージングでストレスを診る/尾崎 倫孝

[やさしい生命倫理学講座 第1回]
―生命倫理学とは何か/児玉 聡、赤林 朗

[女性研究者を支援する取り組み 第3回]
―男女共同参画学協会連絡会の役割/相馬 芳枝、大坪 久子、荒川 薫

[海外科学雑誌情報 Silva Scientiae XIII]
対麻痺ラットにおける歩行能の回復/久原 孝俊

【インフォメーション】
Silva Scientiae(海外科学雑誌情報)
研究室訪問

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/39