アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

Biophilia 26 【特集】 里山をめぐる生物多様性 【特集2】復旧・復興への提言

Biophilia 26 【特集】 里山をめぐる生物多様性 【特集2】復旧・復興への提言

商品コード: adm0026

ビオフィリア編集委員会

発行日: 2011年6月10日
判型: A4判
頁数: 88ページ
書籍コード: 雑誌: 17627-0618
定価:1,980円 (本体価格:1,800円)

オンライン書店で購入する

/~\Fujisan.co.jpでも発売中


【特集1】里山をめぐる生物多様性
世界中を震撼させた東日本大震災。自然の威力をまざまざと見せつけられた今回の震災後、自然との共存を唱える声が、識者のあいだからあがり始めた。古来、自然の恵みを利用して生きてきた日本人。乱開発により荒廃してしまった「里山」の恵みをはからずも見直すこととなり、では、現状はどうなっているのか?田んぼ、畑、雑木林など、身近な里山の様子をお伝えしよう。

【特集2】復旧・復興への提言 -どうする放射能汚染、農業・漁業・エネルギー-
東日本大震災の発生から3か月が過ぎた。避難所生活をおくる被災者は、5月中旬の時点でも11万人を超え、疲労と不安を抱えたまま、非常に苦しい生活を強いられている。予想をはるかに上まわった大津波と「想定外」の原発事故によって農業・畜産業・漁業は大打撃を受け、電力不足も経済に悪影響を及ぼしている。復旧・復興対策についての提言を専門家の方々からいただいた。

【巻頭言】生命科学の進展に寄せて

科学コミュニケーションの課題 / 西川 伸一

【特集1】里山をめぐる生物多様性

里山問題のなかの生物多様性 / 湯本 貴和
里山の水辺環境から姿を消すゲンゴロウ類 / 西原 昇吾
カヤネズミと里山とのかかわり / 畠 佐代子
里山の鳥たちの変遷 / 上田 恵介
水田の農業システムと生物多様性 / 山本 勝利
コウノトリの野生復帰と里地の再生 / 内藤 和明
絶滅危惧植物のホットスポットとしての里山 / 佐久間 大輔

【特集2】復旧・復興への提言 どうする放射能汚染、農業・漁業・エネルギー

東日本大震災の海洋環境への影響 ─原発事故による海洋汚染─ / 神田 穣太
日本における脱原発は可能か ─エネルギー文明の転換は地方自治体から─ / 牛山 泉
塩害を受けた田畑の復興について / 野瀬 昭博・下田 敏史
2011 年3 月11 日の三陸津波による 宮城県の水田における塩害とその復興 / 久米 崇
バイオ燃料作物の導入で被災地の早期農業復興を / 嘉田 良平
これからの地震防災 / 土岐 憲三
原発事故で放出された放射性物質の生物影響 ─チェルノブイリ事故の教訓─ / 小木曽 洋一
漁業被害を乗りこえるために ─眼前の敵は順序立ててひとつに絞る─ / 山下 成治

【総説】

森里海連環学と里海 / 田中 克

【インフォメーション】

海外科学雑誌情報 Silva Scientiae X IX ─東日本大震災─ / 久原孝俊

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/197