アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

ブタ・ミニブタ実験マニュアル─飼育管理から、関連法規、実験手技、周術管理まで─

ブタ・ミニブタ実験マニュアル─飼育管理から、関連法規、実験手技、周術管理まで─

商品コード: ad10052

著者:ブタ・ミニブタ実験マニュアル編集委員会 編

発行日: 2017年8月25日
判型: A4判
頁数: 98ページ
書籍コード: ISBN978-4-904419-70-0 C3047
定価:8,640円 (本体価格:8,000円)

オンライン書店で購入する

本書は「実験用ブタ・ミニブタの研究基盤を支える次世代技術者を育成すること」を目的とし、旧版の主要部分は残しつつ新たな手技を加え、旧版発刊以降に変遷した関連法規等についても言及するとともに、旧版にはなかった家畜ブタに関する手技や情報も加筆した。
 また、実験動物技術者の養成、認定を行っている公益社団法人日本実験動物協会の「実技テキスト(ブタ)」との技術的すり合わせを行い、手技・手法がダブルスタンダードとならないよう配慮した。
 『ミニブタ実験マニュアル』(ミニブタ実験マニュアル編集委員会編、株式会社エス・エル・エー研究所刊、2000年、以下旧版)の続編となる。

目 次

はじめに
著者および協力者
第1 章 生物学的特性
1.ブタとミニブタ
2.国内で入手可能なブタ・ミニブタ
(1)ブタ
(2)ミニブタ
  1)ゲッチンゲン(Gottingen)系
  2)NIBS 系
  3)マイクロミニピッグ
  4)クラウン系
  5)サクラコユキ系
  6)サクラメヒコ系
  7)その他
3.解剖学的特徴
(1)皮膚
(2)消化器系
(3)循環器系
(4)泌尿器系
4.遺伝子改変ブタ・ミニブタ
(1)前核内注入法による改変
(2)体細胞クローン技術による改変
(3)ゲノム編集による改変
参考文献
第2 章 施設および飼育管理
1.関連法規
(1)動物愛護管理法
(2)家畜伝染病予防法
2.微生物学的統御
(1)特定病原体と人獣[ 人畜] 共通感染症
(2)定期モニタリング
(3)ワクチン接種
(4)その他
3.輸送
(1)輸送時の注意点
(2)飼育環境への順化
4.施設
(1)飼育環境
(2)飼育スペース
(3)エンリッチメント
5.飼料および飲用水
(1)市販飼料
(2)飼料要求率(給餌方法と給餌量)
(3)給水に関する注意点
6.清掃に関する注意点
7.健康維持
(1)蹄および犬歯の手入れ
(2)異常や感染症の早期発見
(3)健康状態観察のポイント
  1)元気および食欲
  2)栄養状態
  3)尾の動き
  4)被毛および皮膚
  5)可視粘膜
  6)鼻漏および鼻汁
  7)体温
  8)呼吸
  9)嘔吐
10)糞および尿の性状
第3 章 実験手技マニュアル
1.個体識別法
(1)耳標
(2)耳刻器によるパンチング
(3)マイクロチップ
2.トレーニング
(1)実験処置へのトレーニング
(2)クリッカー法
3.保定法(ハンドリング)
(1)ケージからの取り出し
(2)手保定
(3)V 字保定器による保定
(4)吊り幕式保定器による保定
(5)保定環による保定
4.性別判定法
5.体重測定法
(1)ミニブタ
(2)ブタ
6.採血法
(1)採血に関する注意点
(2)耳介静脈
(3)前大静脈洞(V 字型保定器使用)
(4)前大静脈洞(吊り幕式保定器使用)
(5)前大静脈洞(保定環使用)
(6)前大静脈洞内カテーテル留置による採血
7.投与法
(1)皮下投与
(2)筋肉内投与
(3)経口投与
  1)混餌投与
  2)液剤投与
  3)カテーテルによる強制投与
(4)静脈内投与
(5)経皮投与
8.採尿法
9.体温、呼吸数、心拍数測定法
10.人道的エンドポイントと安楽死
第4 章 周術管理マニュアル
1.鎮静および麻酔
(1)吸入麻酔(ミニブタへのマスク装着)
(2)吸入麻酔(ブタへのマスク装着)
(3)吸入麻酔(人工呼吸管理下)
  1)気管挿管
  2)吸入麻酔器および人工呼吸器の設定
2.術前および術中管理
(1)絶食および絶水
(2)術野の毛刈り
(3)生体監視
  1)心電図および心拍数監視用センサーの設置
  2)血圧監視用センサーの設置
  3)酸素飽和度監視用センサーの設置
(4)静脈ラインの確保およびカテーテル維持
に関する基本事項
(5)眼球および眼瞼粘膜保護
(6)保温
(7)術野の消毒
3.基本的手術
(1)機器、器具・器材および消耗品
  1)電気メス
  2)吸引器
  3)手術器具
(2)切開(開腹)
(3)結紮・縫合(閉腹)
4.術後管理
(1)麻酔覚醒時の注意点
(2)感染防止および疼痛管理
参考文献
索引
付録1 ブタにおける麻酔薬
付録2 ブタ・ミニブタの生物学的データ
付録3 ブタ・ミニブタに関する資料

Share on MySpace Clip to Evernote mixiチェック
Delicious Bookmark this on Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/522