アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

BIOPHILIA 電子版26号(2018年7月・夏号)ドーピング

BIOPHILIA 電子版26号(2018年7月・夏号)ドーピング

商品コード: adme54

ビオフィリア編集委員会

発行日: 2018年7月10日
判型: A5変形
頁数: 59ページ
書籍コード:  
定価:926円 (本体価格:857円)

オンライン書店で購入する

【特集】ドーピング
 スポーツの本質は、こころを移して楽しみ、気晴らしをすること、遊びの姿と重なります。
 フェアプレイ精神がうたわれ、汚れた勝利を手にするなとスポーツコンプライアンスの面から叫ばれてはいますが、高度に洗練され、凝縮された競技での舞台ではアスリートのこころは揺れ動いています。ステートアマ勝利至上主義から始まったドーピング薬物。男性では女性化が起こり、女性では男性化が起こります。トップレベルのスポーツには、筋肉量や肺活量の向上、遺伝子的な介入、装備の改変が導入、ドーピングとの区別はしばしば困難です。国家主導によるスポーツにおける勝利至上主義により、選手の身体は国家によって所有され、管理されます。他方、選手自身の身体が,商業資本(スポンサー)の所有物としてモノ化してきます。

【巻頭言】
ドーピング 太田 眞(大東文化大学大学院スポーツ・健康科学研究科 教授)

【特集】ドーピング
特集1.スポーツとドーピングの歴史
竹ノ谷 文子(星薬科大学薬学部 総合基礎薬学教育研究部門 准教授)

特集2.うっかりドーピング ~市販薬・サプリメントの落とし穴~
堀内 正子(星薬科大学 薬剤師職能開発研究部門 助教)

特集3.病院でのうっかりドーピングについて
小竹 慶子(社会福祉法人浴風会 高齢者保健医療総合センター 浴風会病院 薬剤科長)

特集4.ドーピングによる健康被害
平林 敬浩(星薬科大学 先端生命科学研究所 ペプチド創薬研究)
塩田 清二(星薬科大学 先端生命科学研究所 ペプチド創薬部門 特任教授)

特集5.スポーツ界を取り巻くドーピング問題について
佐藤 真太郎(ソチオリンピックボブスレー選手、大東文化大学スポーツ・健康科学部 講師)
琉子 友男(大東文化大学スポーツ・健康科学部 教授)

特集6.オリンピックにおけるドーピングコントロールの現状─トップアスリートの検査手順─
山本 憲志(日本赤十字北海道看護大学 教授)
和田 匡史(国士舘大学理工学部 教授、スタンフォード大学医学部 客員教授)

特集7.アンチドーピングを巡る法と実務
早川 吉尚(日本アンチドーピング規律パネル委員長、立教大学教授・弁護士)

【連載】コンパニオンバードから学ぶ 第4回 ~災害時における人とコンパニオンアニマルの避難 その2~
重茂 浩美(文部科学省科学技術・学術政策研究所)

Share on MySpace Clip to Evernote mixiチェック
Delicious Bookmark this on Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/564