アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

教科書の最近のブログ記事

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
基本指針、ガイドラインが示されてから12年が経ち、国内外の状況は、3Rs実施は当たり前となり、研究機関の動物実験実施における「説明責任」が強く求められるようになってきている。これらの状況を踏まえ、法令等・基本指針・学実会議ガイドラインに沿った適正な動物実験実施を考慮した内容として「アニマルマネジメントⅡ」を「説明責任」を意識して内容を見直し、増補・改訂した。

おもな改訂のポイント 1)第1部では、機関内規定運用経験を踏まえ、規定の作成、改定に当たっての留意点を示した。 2)第2部では、研究機関における動物実験の実施手順、各機関でバラツキの多い動物実験審査について、および充実が遅れている教育訓練について述べた。またここでは、苦痛の評価と人道的エンドポイントの適用についての考え方も示した。また、自己点検評価表も運用結果を踏まえて改定を加えた。動物実験体制と機能に「説明責任」が十分でない点を見つけ・改善し、自己点検を効果的に実施することを目指している。 3)第3部では、動愛法で示されている「習性を考慮した実験動物の適正な取り扱い、動物の健康保持実施」および、動物実験実施に当たって、実験実施者・飼育管理技術者が直面する動物の症状観察について触れた。

2018年7月30日 増補改訂版 発刊

【教科書採用をご検討の先生方へ】

日本獣医生命科学大学など農学・獣医系、生命科学系の大学・学部で教科書としてご採用いただいています。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。

本書は一般社団法人日本ペット栄養学会が開催する「ペット栄養管理士養成講習会」公式テキストブックです。
ペットの栄養に関する知識の普及と指導に必要な人材の育成を主眼とし、ペットの栄養管理に必要な内容を完全網羅しました。
資格取得を目指す方以外―動物看護師、ペットショップ販売員、ペットフード企業の方など―にとっても役に立つ内容になっています。

2014年1月31日 初版発行
2018年1月27日 第2刷発行

ご好評をいただいた「論文・プレゼンの科学」の内容を倍増させた増補改訂版。
論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」であるという視点から、誰もが苦労や努力をせずにこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。増補改訂版では、さらによい論文を書くため、よいプレゼンをするためのステップアップ「中級編」を、さらに独創的なアイディアを生むためのヒント「アイディアの科学」を加えました。

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
「動物実験に適正な実施に向けた「ガイドライン」の解説を動物実験委員会委員および動物実験実施者の教育訓練の一資料となるよう、動物実験体制の円滑な運営視点から見直し、「動物愛護管理法」と「飼養保管苦痛軽減基準」の2012年改正点、動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針、環境省2013年、ILARガイド第8版の改正点および"現在の国内外の実験動物福祉に関する動向"を反映させた
【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
環境というものを本当の意味で考えようとするならば、世界的に重要な問題をはらんでいる深刻な環境問題を知る必要があるのではと、エンジニアとしての著者が技術的に世界を見ながら環境を知る旅をする。 旅をした各地域の環境、技術、社会といった三つの主要領域に絞って環境にかかわる問題を論じる。
【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
環境学は自然科学から社会科学、人文科学にまで幅広い領域にまたがる学問である。本書は、その幅広い領域を示すとともに、それぞれの専門領域と環境(学)とのかかわりを各領域の最先端で活躍する研究者が初学者にもわかりやすいようにまとめた。環境学におけるエッセンスを過不足なく伝える構成となっている。さらに補章として原発問題についても解説を付した。
【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
本書は「2級実験動物技術者認定試験」の2008~ 2010年度に出題された学科試験問題ならびに解答(案)で構成しています。 試験問題は、本試験の公式テキストである『実験動物の技術と応用 入門編』(弊社刊 ISBN978-4-900659)(以下、テキスト)に記載されている内容から出題されます。問題を解く前にテキストでの学習をお勧めします。 本書では、受験必須の、テキスト「総論」と、選択試験である「各論」(「マウス・ラット・その他の小動物」「モルモット」「ウサギ」「イヌ」「サル類」「ブタ」「トリ類」「ネコ」「魚類、両生類、その他」から1 動物種を選択)のうち、大半の受験者が選択する「マウス・ラット・その他の小動物(その他のげっ歯類〔ハムスター類、スナネズミ〕が出題範囲)」を取り上げ、解答(案)に加え、テキストでの出題箇所の記載ページを付記しました。 2010年度分の問題には上記に加え、学習のポイント(ポイントと表記)を付記し、テキストでの学習とあわせて問題を解くことでより理解が深まるよう工夫をしました。

【教科書採用をご検討の先生方へ】

北里大学、岡山理科大学などで教科書としてご採用いただいています。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。

1,2巻同様、獣医学を学ぶ方やペットオーナーにとって実用的な英語を多数収載しています。テキストは会話形式、音声もネイティブの発音で聞き取り易く、ユニークなコラムも本シリ‐ズの魅力の一つです。なお本シリーズはどの巻からでも読み始められます。

【教科書採用をご検討の先生方へ】

北里大学、岡山理科大学などで教科書としてご採用いただいています。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。

目と耳から学習できる獣医学英語シリーズの2巻目です。

専門家として必要な基本用語のほか、一般の動物のオーナーが症状の説明で使いそうな用語から、自分自身が外国で病院に行った際にも使える英単語、言い回しが満載です。

日本中学校体育連盟推薦図書 ビギナー審判の指導書決定版 イラスト中心で、説明・解説は簡潔。 項目を見開き2ページでコンパクトに収録。 4級・3級の審判を目指す方々には必読の書であり、講習会のテキストとしても最適。 現在、在庫が品切れとなっております。
【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
細菌による食中毒とその予防法、食品添加物・農薬・遺伝子組換え作物・BSE、クローン家畜などの問題、他等々、基礎から今後の課題まで「食の安全」を考える上でその基本となる情報をさまざまな視点からわかりやすく解説しました。

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。 『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。 実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

【教科書採用をご検討の先生方へ】

北里大学、岡山理科大学などで教科書としてご採用いただいています。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。

獣医学だけでなく、外国で病院に行く事態に陥ったときにも使える英語が満載です。
動物の専門家として必要な基本的な専門用語も集め、内容にしたがって分類し、音声(CD)もつけました。

2014年6月 初版3刷発行

老化は、全身的な現象であるから、その原因の解明、予防策の樹立には、丸ごとの固体、即ち実験動物が極めて重要である。永年この研究に携わってきた、第一人者によって書かれた本書はまさに時宜に適したものであり、広い層の研究者に必携の書となると信じる。(今堀和友・東京大学名誉教授)

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。 本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。 2014年5月 第2版発行


【教科書採用をご検討の先生方へ】

日本獣医生命科学大学、日本大学、東京農業大学など、農学・獣医系、生命科学系の大学・学部で教科書としてご採用いただいています。農業高等学校、専門学校での採用実績もございます。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。


生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

【教科書採用をご検討の先生方へ】

東京大学、日本獣医生命科学大学、京都産業大学、九州保健福祉大学、倉敷芸術科学大学など農学・獣医系、生命科学系の大学・学部で教科書としてご採用いただいています。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。

動物飼育施設あるいは実験施設のスーパーバイザーとして、また研究者のパートナーとして活躍できる1級技術師を育てることをめざした。同時に、動物実験を行う医学、生命科学領域の大学院生、および大学、企業研究所、生産施設などで動物実験や実験動物の管理に携わる研究者にも実践的なテキストとなるよう、国際水準の知識と技術を満載した。

【教科書採用をご検討の先生方へ】

東京農業大学、日本獣医生命科学大学、麻布大学、岩手大学、宮崎大学など、農学・獣医系、生命科学系の大学・学部で教科書としてご採用いただいています。農業高等学校、専門学校での採用実績もございます。
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。

日常の飼育作業に必要な最新の基礎知識と技術を盛り込んだ2級技術師用テキストである。科学と実験動物福祉の両面から「なぜ」、「どうして」の疑問に答えた。図表・写真を多く取り入れ、レイアウトにも工夫して、読みやすい書物に仕上げた。従来の試験範囲をできるだけ逸脱しないよう、内容に配慮したことはもちろんである。

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
獣医臨床のベテラン医師が、臨床現場から人間と動物との良好な関係構築を願って、動物から人間に発信されるさまざまなサインがいかなる意味を持つのかについて、永年の経験を通して提言しようと試みた本です。同趣旨による『イヌのサインを見逃すな』に続く第2弾です。

「日本語能力試験2級」の出題漢字を全て扱っています。毎日1ページで1日6文字。半年で528文字を勉強していきます。

2004年10月 第2版

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
ペットの行動とヒトとペットの関係を学問的にアプローチし、だれにもわかりやすくまとめました。 ペットとヒトとの上手な仲立ちをしたい方々にぜひ読んでいただきたい本です。
【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
豊富なイラストや写真で、イヌたちの行動をわかりやすく、楽しく解説しています。 気になる病気のサインについては、症状から考えられる複数の病気をていねいに解説しています。

実験手技の達人、名人が細やかなポイントやノウハウを公開。概説・必要な器具器材・手技・特徴などに分類して解説し、参考図書も加えてあります。

2005年(4月増訂・4版)