アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

元祖おじんギャルの定年

元祖おじんギャルの定年

商品コード: ad10007

著者: 鍵山 直子

発行日: 2001年12月10日
判型: A5判
頁数: 203ページ
書籍コード: ISBN978-4-900659-61-4 C0095
定価:1,620円 (本体価格:1,500円)

オンライン書店で購入する

「ギャルズ ビー アンビシャス」 おじんぎゃるで行こう!! 元祖おじんギャル、その正体は......。結婚退職後、子育てをしながら職場復帰をはたし、研究職から管理職まで、着実にビジネスを展開するキャリアウーマンなのです。そんな彼女が「定年」を迎えました。徒然の体験や思い出を綴る。

著者

鍵山 直子

獣医学博士。神奈川県横浜生まれ。北海道大学大学院博士課程修了。おもな著書に、「実験動物施設における感染病対策」実験動物感染症の対応マニュアル(アドスリー)2000年。「トランスジェニック動物由来細胞の品質・安全性等の確保」(共著)バイオ医薬品の品質・安全性評価(エル・アイ・シー)2001年。「動物福祉の国際ハーモナイゼーション」アニテックス13巻(研究社)2001年。「実験動物の管理と使用に関する指針」(監訳)(ソフトサイエンス社)1997年。「Q&A実験動物の病気と衛生」(共著)(清至書院)1985年。

目 次

プロローグ

第一章 仕事で三○年

職場三転
 一転
 二転
 三転
動物を育てる
 実験動物を知っていますか
 野生動物は実験に使えない
 動物実験はなぜ必要か
 動物実験のおきて
 実験動物は感染に敏感
 肝炎はマウスの大敵
 風邪ひきマウスの見分け方
 マウスもインフルエンザにかかる
 生まれつき体が弱いヌードマウス
 ヌードマウスの手がら
 私は実験動物の防疫官
 待ちの姿勢が命取り
 実験動物は顧客だ
 サルは汚いか
 サルのぬれ衣をはらす
 サルの検便
 トランスジェニック動物
 ヒト疾患モデル
 臓器移植への貢献
 ワクチン検定への貢献
 にがい経験
 実験動物のQOL
 QOLの証明
 おとり捜査
 誰でも、いつでも、どこでも
 検査キットの開発
人を育てる
 社内異動したいきさつ
 いやしんぼ
 プロフェッションとスペシャリスト
 プロになるには
 黙ってやらせてあげよう
 70点でいいよ
 リーダーシップとは
 中止もリーダーシップの一つ
 米百俵
 一期一会
 あなたの能力は他人が判定する
 あなたの価値は他人に決められない
 決め手は人格
 定点観測
 時間管理
 時差
 平日のすごし方
 単身赴任

第二章 幼い日の思い出

太平洋戦争勃発
声が悪い、指が短い
サツマイモのしつぱ
親戚に預けられた
鎌倉の自然
いたずら好き
どうしてゴエさんをほめないの
子どものけんかに親が出る
白いカーネーション
義を見てせざるは勇なきなり
与那嶺さんちのパン
母のぬくもり
先生に一言申します
 その1 人はみな感じ方が違っていて当然でしょ
 その2 話を最後まで間いてよ
 その3 チョークをぶつけてくれてありがとう

第三章 おじんギャルのめばえ

リンパ腺が膿んだ
自信喪失
とりかえばや物語
ブラバン
開き直り
津軽海峡をわたる
クラーク博士
オケラ
ついに母も逝った
獣医学部
アウフヘーベン
子育ては百薬の長
第四章 二つ目の人生
日本人三態
 一態 哀れな日本人 意見交換の場にて
 二態 困った日本人 プールサイドにて
 三態 すごい日本人 いわれてみればそのとおりだ
私の趣味
富士山は美しい
北風と太陽
なってみたい動物
礼節あれば何でもあり
音楽家にみるピンチの美学
 ピンチその一 失恋
 ピンチその二 死
 ピンチその三 幽囚
おしっこは一気に、鼻息はユルユル
それで結局

エピローグ

Share on MySpace Clip to Evernote mixiチェック
Delicious Bookmark this on Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/77