アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

「食の安全」基礎知識

「食の安全」基礎知識

商品コード: ad70008

著者: 岡部 とし子、金井 美惠子、久保田 裕子、鈴木 潤、東條 英昭、中村 政幸

発行日: 2010年2月20日
判型: A5判
頁数: 195ページ
書籍コード: ISBN978-4-904419-07-6
定価:2,200円 (本体価格:2,000円)

オンライン書店で購入する

【教科書採用をご検討の先生方へ】
採用をご検討いただけます際には、試読を御受付いたします。
細菌による食中毒とその予防法、食品添加物・農薬・遺伝子組換え作物・BSE、クローン家畜などの問題、他等々、基礎から今後の課題まで「食の安全」を考える上でその基本となる情報をさまざまな視点からわかりやすく解説しました。

目 次

はじめに ………………………………………………………………… 3 食中毒からあなたを守る 鈴木 潤(麻布大学生命・環境科学部教授)………………………… 9 1 食中毒の原因…………………………………………………………… 10 2 微生物(細菌)とは…………………………………………………… 12 3 身の回りにいる細菌…………………………………………………… 14 4 食中毒原因菌が持つ毒素……………………………………………… 16 5 原因菌ごとの食中毒例………………………………………………… 19 6 病原因子の除去………………………………………………………… 29 7 食中毒の予防…………………………………………………………… 32 最近におけるサルモネラ食中毒の動向 ―とくに食品安全委員会を中心として― 中村 政幸(北里大学獣医学部教授)………………………………… 35 1 わが国の食を取り巻く状況の変化と食品安全委員会設置………… 37 2 食品の安全にかかわる動向…………………………………………… 38 3 わが国でのBSE 発生から食安委設立まで…………………………… 40 4 食品安全基本法の基本理念…………………………………………… 41 5 食安委が実施する食中毒対策………………………………………… 44 6 ニワトリを原因とするサルモネラ食中毒…………………………… 45 7 わが国におけるSE食中毒対策………………………………………… 55 8 日本人の卵の食べ方…………………………………………………… 59 9 イギリスとアメリカで実施されている任意の対策………………… 60 10 日英米3 か国のSE 食中毒減少の比較……………………………… 63 11 鶏肉のサルモネラ汚染による食中毒…………………………………64 食品添加物、農薬等の安全性評価と食品表示について 金井 美恵子(相模女子大学短期大学部教授)……………………… 73 1 食品衛生法と食品安全基本法………………………………………… 74 2 食品添加物……………………………………………………………… 77 3 農薬……………………………………………………………………… 93 遺伝子組み換えとは 岡部 とし子 (相模女子大学栄養科学部・大学院栄養科学研究科教授) …………99 1 遺伝子組み換え技術とは………………………………………………100 2 現在の食糧事情…………………………………………………………102 3 遺伝子組換え食品の安全性審査………………………………………104 4 遺伝子組換え食品の表示………………………………………………114 5 さまざまな遺伝子組換え作物…………………………………………118 6 安全性審査の手続を経た遺伝子組換え食品および添加物…………125 7 遺伝子組換え食品の検知法……………………………………………126 8 今後も考慮が必要な点…………………………………………………127 狂牛病、クローン家畜、そして遺伝子組換え家畜と食の安全 東條 英昭 (学校法人ヤマザキ学園ヤマザキ動物看護短期大学教授)…………131 1 狂牛病と食の安全………………………………………………………132 2 クローン動物と食の安全………………………………………………141 3 遺伝子組換え家畜と食の安全…………………………………………149 「食の安全」と消費者 久保田 裕子(國學院大学経済学部教授)……………………………165 1 グローバリゼーションと「食の安全」………………………………166 2 現代社会における「消費者」…………………………………………170 3 消費者の権利と消費者行政……………………………………………173 4「食」と「農」をめぐる消費者運動………………………………… 176 5 グローバル対ローカル・フードシステム……………………………187

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/15