アドスリーの出版事業部では、生命科学雑誌Biophiliaをはじめ、実験動物学、医学、科学技術といった高度な専門領域から、サッカー、文化財、建築、歴史といった領域の一般書まで、幅広いジャンルの書籍を発行しています。 また、電子書籍化や、大学の講義、講演会等で使用する教科書の制作、販売(書店流通)も行っております。

古代の点描と随感 ― 早良王国から始めてやがて現代につながる邪馬台国まで ―

古代の点描と随感 ― 早良王国から始めてやがて現代につながる邪馬台国まで ―

商品コード: ad60038

著者:高村 歩

発行日: 2016年4月15日
判型: A5判
頁数: 120ページ
書籍コード: ISBN978-4-904419-61-8 C9390
定価:1,000円 (本体価格:926円)

オンライン書店で購入する

北部九州に成立し継続した王朝の足跡に神話をまじえて探訪記としまとめた一冊。福岡市近郊の「低山登り」と「神社めぐり」から見えてきたものは、自然の豊かさと、扇状地に広がる平野と古代の国境や距離感、そして神話に登場する神々だった。

 大陸に近い北部九州は、古代からアジアとの玄関口として機能しており、どの地域よりも、いち早く開け始めた。縄文時代から弥生時代にかけ、大陸や朝鮮半島の一部の人達は、島伝いに海を越えて往来していたのである。

 渡来人達によってもたらされた大陸の技術や文化の流入は、最先端の文明をもたらし、絹織物や鉄など、多くのものがこの国に伝播された。このように大陸との窓口となっていた北部九州は、いち早く王墓を伴う大型環濠集落(クニ) の出現を見たのである。

周辺は、多くの遺跡や古墳などが点在し、そこからは中国や朝鮮半島のものと思われる鏡や武器など、多様な出土品を認めることができる。また、有明海沿岸地方から北部九州沿岸地方にかけて「国生み神話」や「神生み神話」に登場する神々を主祭神とした神社が多く見られ、古代の個性的な歴史の始まりを感じ取ることもできる。

 このように地理的特性や歴史的特性を持った北部九州は、アジアの文化や政治・経済の交流拠点として今日も機能しており、古代から続くアジア大陸とわが国との接点となっている。(『はじめに』より)

目 次

はじめに

プロローグ 

倭国の存在と成立

第1章 早良王国と倭人伝
 1 日本最古の王国「早良王国」
      (1)王国の歴史と源流
      (2)早良王国のその後
 2 魏書・東夷伝倭人条(魏志倭人伝)
    倭人傳 訳文
     (1)位置 
        a 方向
        b 距離
        c 戸数・日数
     (2)絹・鉄・鏡
        a 絹
        b 鉄
        c 鏡
     (3)自然と風俗習慣
     (4)政治と外交
     (5)伊都国と一大率
     (6)三人の王

第2章 北部九州の地誌
 1 地形と旧郡部
 2 福岡県地誌
 3 低山と遺跡のある風景
     (1)糸島平野
     (2)早良平野
     (3)福岡平野

第3章 神話と神社の神々達
 1 古事記神話<天地開闢から神武天皇まで>
 2 神社の神々達

第4章 金印が問いかけるもの
 1 志賀島の金印(福岡)
 2 佐々禮<細>石神社の金印(糸島)
 3 神嵜社の金印(長崎)
 4 金印余話

おわりに

Share on MySpace Clip to Evernote mixiチェック
Delicious Bookmark this on Delicious このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.adthree.com/type/mt-tb.cgi/464